ジェネリックってなに?|小型犬をフィラリアから守るためにハートガードプラスの小型犬用!

小型犬をフィラリアから守るためにハートガードプラスの小型犬用!

ジェネリックってなに?

瓶から錠剤を取り出す様子

ある年から増え始めたジェネリック医薬品。ハートガードプラスの小型犬用のようなジェネリック医薬品と、カルドメックチュアブルのような新薬では、料金に5000円ほど差があります。安いと嬉しいですが、医薬品だからこそ、安全なのかという点に疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。安全に利用するために、ジェネリック医薬品がどういうものなのか知っておく必要があるのではないでしょうか。
まず、ジェネリック医薬品とは、新薬で使用している成分と同じ有効成分を使用して作られています。同じ成分を同じ量だけ使用しているため、新薬に比べて効果が薄くなるということはありません。また、安全性や生物学的同等性の試験などをして安全かどうかの審査を受けないと販売することができないため、安全だと言えます。
ジェネリック医薬品には、飲みやすい薬が多いのではないでしょうか。実際に、新薬は苦くて飲めないという薬でも、ジェネリック医薬品なら同じ内容の物なのに飲むことができるというケースもあります。ジェネリック医薬品は、新薬を更に飲みやすくするために、見た目や形を改善しているのが特徴です。
カルドメックチュアブルのような新薬とハートガードプラスのようなジェネリック医薬品は、有効成分がイベルメクチンと両方とも同じですが、
ハートガードプラスのほうが、犬が喜ぶ見た目や牛肉を使用した半生タイプにしているため、喜んで食べてしまうように工夫がされています。
薬が嫌いな人でも飲めるように開発されているので、薬が嫌いな人でも安心して飲むことができるのもジェネリック医薬品のいいところですね。
安全性を考えていても、副作用を引き起こす可能性が絶対に無いというわけではありません。新薬でもジェネリック医薬品でも副作用が起こる可能性はゼロではないので、どの薬も適切な量だけ摂取するようにしましょう!